洋書で楽しく英語力向上!初心者にオススメな本をご紹介!自己啓発にもなります!

今回は初心者でも読みやすい洋書についてオススメします。

私は日本語でも400ページ以上あると挫折してしまうので、どれもページ数が少なく、かつ自己啓発になるような本を選んでみました。

洋書を読むと英語で考える、英語で想像する癖が付くので、気になるものがあればぜひ読んでみてください。

The Little Prince

「星の王子さま」は一度読んだことがある人が多いのではないでしょうか。

砂漠に不時着した操縦士が不思議な男の子に出会うという物語です。

操縦士がだんだんと大切なことを思い出していくストーリーになっているので、この本を読みながらあなたも人生で大切なことに気付けるかもしれません。

様々なバージョンが出ていますので、特に読みやすいものを以下に載せておきます

Who Moved My Cheese?

この本はGoogleなど世界の有名企業が社員の研修として利用している本です。

迷路の中でチーズを探す2人の小人と2匹のネズミの物語となっています。

チーズはあなたの欲しいもの、やりたいことを意味しており、そのチーズは腐ってしまうかもしれないし、あなたがチーズに飽きてしまうかもしれません。

変化する現代の中で自分が望むように行動するためのヒントを考えられる1冊です。

100ページ未満の本ですし、最初の1歩としてふさわしい1冊だと思います。

そして、自分の人生について考えるきっかけにもなります。

Out of the Maze

こちらの本は、”Who Moved My Cheese?”の続編になります。

小人のうち1人は過去の幸せにすがって、変化に対応することができませんでした。

その小人が遂に行動し、新たなチーズに出会うまでの物語になっています。

前作を読み終わったら、続けて読んでいただきたい1冊です。

こちらも100ページに満たない本なので、英語に抵抗のある方でも読み切れると思います。

9 things successful people do differently

成功者が行う9つのことが心理学をもとに書かれている1冊です。

このような自己啓発本は、基本的に作者の友達の体験などによって長いストーリーになったりしてしまうのですが、淡々とあなたが成功するためにすべき行動やあり方について書いてあるので読みやすいです。

ページ数も100ページほどですし、サイズもポケットに入れられるくらい小さいので気軽に読める本です。

マンガ

漫画で英語を読むのなら、絵や動きがあるので読めるかもしれないという方も多いと思います

また、キャラクターが喋っている言葉は日常会話で使えるものばかりなのでオススメです。

私がオススメの漫画を以下で紹介します。

Fullmetal Alchemist

母親を生き返らせるために、錬金術で禁忌とされる人体錬成を行い、身体を失ってしまった兄弟が自らの身体を取り戻すために旅に出るという物語です。

人生の教訓になるような言葉もたくさん出てきますので、ストーリーを楽しみながら、英語も勉強できて、人生について考えられる漫画です。

ONE PIECE

ONE PIECEは多くの人が読んでいる漫画、アニメだと思いますので、ストーリーを思い出しながら、英語でも楽しんで読めると思います。

洋書を読むときの1工夫

私が洋書を読むときは近くに海外の子供向けの辞典を置いています。

洋書を読んでいると、もちろんわからない単語も出てきますし、その単語が何回も出てきて話の内容がいまいち理解できないこともあります

英語を英語で理解しながら、話の内容をすんなり頭に入れるために英英辞典あるいはネイティブの子供用の辞典を片手に洋書を読むことをオススメします

まとめ

いかがでしたでしょうか。

あなたが絵本や本を読んで育ってきたように、ネイティブスピーカーも本を読んで育ってきています。

英語を学ぶなら、ネイティブの環境を作り出すことが大事だと思いますし、洋書を読むことはそのうちの1つになります

今回ご紹介したものは、すべて読みやすい洋書ですので、気になったものがあれば読んでみてください。

また、自己啓発本としても読める本ですので、少しでもあなたの人生がより良いものになれば、とても嬉しく思います。