職場でのマインドフルネストレーニングにはメリットがあるのか?

現在では、GoogleやIntelなどがマインドフルネスのトレーニングを社内で行なっており、アメリカの中大企業の約60%が社員にマインドフルセスのプログラムやヨガのプログラムを提供しています。

果たして、職場でのマインドフルネストレーニングの提供には効果があるのでしょうか?

今回は、マインドフルネスプログラム(瞑想やヨガなど)を職場で提供された社員に対して行われた56の研究を集め、効果を検証した研究を紹介したいと思います1)。

マインドフルネストレーニングのメリット

結論から言うと、職場でのマインドフルネストレーニングは有効であると考えられます。

マインドフルネストレーニングの期間は1週間~4ヶ月と研究によってバラバラではありますが、総じてマインドフルネストレーニングには以下のようなメリットがあることが挙げられました。

メリット👀・ストレスの減少
・燃え尽き症候群の減少
・精神的苦痛の減少
・身体の不調の減少
・目の前のことに集中できるようになる
・人生の満足感や幸福度が増す
・仕事の満足度が上がる

対象の研究数は少なく議論の余地が残っていますが、以下のような効果も確認されました。

メリット👀・仕事の生産性が上がる
・レジリエンス(回復力)の向上

また、トレーニングの12週間後でもストレスは減少しており、幸福度も高いという結果が得られました。

マインドフルネストレーニングを職場で行うメリットは、メンタル面でもハード面でもありそうですね。

幸福度も仕事の満足度も上がるマインドフルネストレーニングを職場に取り入れない方がおかしい気がします。

もちろん、個人的に家でやることもオススメします!以下の本が読みやすいので、初心者の方にオススメです!

マインドフルネスを始めたいという方はぜひ以下の記事をご覧ください。