成功したいとき挫けそうなとき辛いときに読んでほしい人生をより良くするための人生の教訓

今回は、辛い時やより高みを目指したいときに持っておいていただきたい価値観についてご紹介します。

自分の人生にわくわくする

あなたは、自分の人生にわくわくしているでしょうか?

今日、わくわくした出来事はあったでしょうか?あるいは、今日はわくわくする予定があるでしょうか?

楽しい、嬉しい、わくわくといったポジティブな感情を感じることは心身の健康に非常に重要です。

なんとなく過ごすのではなく、「これからやることにわくわくしているか?」ということを問いながら、毎日を過ごしていきましょう。

私自身、仕事に慣れてきた時にだんだんとつまらないものになってきたなぁと感じたことがありました。そこで、わくわくするためにはどうしたらいいかと考え、ただ業務をこなすのではなく自分なりの工夫をすることで、仕事は捗るし、仕事が楽しいものに変わっていきました。

人生は習慣の積み重ねです。わくわくするという習慣を持つことができれば、これまでの人生を振り返った時、「充実していたなぁ…楽しかったなぁ」と思うことができると思います。

嫌な出来事や不安に襲われた時はその出来事を中途半端に考えてしまって、他のことに手がつかなかったり、さらにネガティブな感情に襲われたりしてしまいます。

そんな時に、「わくわく」を大切にできればポジティブな行動に移すことができます。

成功よりも失敗に注目する

多くの人は成功に注目しがちです。しかし、タイミングや努力、才能、仲間の存在など、様々な要因が混ざり合って、成功へと導かれます。

反対に失敗は原因を特定できることが多いです。

失敗を避け続けることで成功する可能性を高めることができます。

私の場合は、失敗したり、無駄な時間を過ごしてしまったなと感じた時にその出来事や原因に注目して、「やらないことリスト」に追加しています。

そのおかげで、自分の時間が増えましたし、失敗を恐れず挑戦できるようになってきました。

主体的に生きる

自分の人生に責任を持って、主体的に生きることはとても重要です。また、「主体的であること」は名著7つの習慣にも書かれている重要な習慣です。

あなたはあなた以外の何者にもなることはできません。そして、あなたの人生はあなたしか生きられません。

毎日、本気で生きられているでしょうか?なんとなく仕事をこなしていないでしょうか?

私は大学時代、学力だけで判断して、自分の興味のない学部に進んだことで、今の私の人生には全く役に立たないことをなんとなく学んでしまいました。

いま学んでいることを自分ならどう生かせるだろうか、今学んでいることはとても面白い、そう考えたり、思えたりしたなら私の4年間は無駄にならずに済んだと思っています。

だからこそ、私は主体的に自分の人生を生きたいと強く思っていますし、過去の私と同じような生き方をしている方を少しでも減らしたいと考えています。

スティーブ・ジョブズのように、「もし今日が人生最後の日だとしたら、私は今日やろうとしたことを本当にやりたいだろうか」と毎日問うことができたら、毎日がとても充実したものになりますし、人生の後悔も無くなります。

私は、朝に上記の問いをし、1日の目標を決めることで毎日が充実するようになりました。

まずは、今日1日を主体的に過ごしてみてください。

友達がその悩みを抱えていたらどうするかを考える

人間は自分のこととなると、なんでもないことでも深く悩んでしまったり、一歩を踏み出すことができなかったり、冷静な判断ができないまま行動してしまったりしてしまいます。

自分に対する物事は主観的に捉えてしまうので、客観的に考えることが難しいのです。

そこで、強力なテクニックとなるのが、常に「友達がその悩みを抱えていたらどうするか考える」ということです。

自分の悩みを友達が持っていたらどういうふうな言葉をかけてあげるでしょうか?あるいは、どんなアドバイスをするでしょうか?

そういった問いに答えることで、自分の悩みがそこまで深刻ではなかったり、気にしても仕方のないことだと気づくこともできます。

今抱えている悩み、不安を客観的に捉えてみてください。

10年後20年後30年後の自分から見て後悔しない選択を

こちらも自分を客観的に見る、後で自分の選択を後悔しないための考え方になります。

自分が岐路に立った時、多くの方は挑戦することへの不安を感じてしまいます。その時に、「10年後20年後30年後の自分が後悔しない方を選択」をすることで、思い切った挑戦をし、あの時この選択をしてよかったなと思えるような選択ができます。

自分の価値観に沿った生き方をする

あなたにとって幸せとはなんでしょうか?あなたが何かを選択する時に大切にしているものはなんでしょうか?あなたにはこれだけは譲れないというものはありますか?

それがあなたの価値観です。

人それぞれ幸せや充実感を感じる瞬間は異なります。自分の価値観を見つけ、それを大切にして生きることで毎日が充実し、幸せな人生へと変化していきます。

私は以下の本を読んで「成長」という価値観を見つけてから、毎日が充実するようになり、信念を持って生きられるように変わりました。

人生に正解はありません。だからこそ、自分で幸せだと思えるような生き方をすることが大切です。まずは、自分の価値観を見つけることから始めてみてください。

今この瞬間を生きる

今この瞬間を生きるということをマインドフルネスと言いますが、現代人はその瞬間瞬間に集中して生きることが意外とできていません。

あなたはごはんを食べる時、その味、食感、そこから自分の抱いた幸せな気持ちに注目してごはんを食べることができているでしょうか?

会社までの通勤中に足の動きや呼吸に注目しながら歩けているでしょうか。

ほとんどの方の答えはNOです。音楽を聴いていたり、悩み事を何度も思い返したり、スマホをいじったり、テレビを見たりしていると思います。

一瞬一瞬を味わって生きることで、心に余裕が生まれますし、一つの物事に集中して取り組むことで、最大の成果を生むことができます。休みたい時にしっかりと休むことができます。

今この瞬間を生きるのは意外と難しいことです。まずは、1日1分でもマインドフルな時間を過ごすことから始めてみてください。

運動は最高の薬

精神科医の先生は以下の本で、精神病を患っていて、よく寝ている人、よく運動している人はなかなかいないということをおっしゃっています。

何か悩みを持ったり、ネガティブな気持ちになっている時、あなたは運動できているでしょうか?激しい運動をしながら、悩むことは非常に難しいです。

また、運動自体にストレスを軽減する効果があります。自分の体型が良いものになれば、自分に自信をでてくるようになります。

毎日、少しの時間でもいいので運動をしてネガティブな気持ちを取り払い、自信に溢れた自分へと変化してみませんか?

私はいつも運動に関して3日坊主だったのですが、簡単な運動や短い運動、楽しい運動は続けることができました。以下の記事を参考に運動を始めてみてください。

失ったものではなく今あるものを考える

失った物ばかり数えるな!!無いものは無い! 確認せい!お前にまだ残っておるものな何じゃ!!!

集英社ONE PIECE590話

ワンピースで、ルフィが兄エースをなくし、生きる気力を失っている時に、ジンベエがかけた言葉が上記の言葉です。

人は失ったものや失敗したことばかり考えてしまいがちです。

ですが、その悲しみに集中するのではなく、大切な人との思い出や今ある幸せなどポジティブな面に注目することも可能です。

あなたが一番幸せに生きることがあなたの周りの人たちが望んでいることです。今ある幸せをしっかり味わってください。

選んだ道を正解にする

私が就職活動をしていた時に、ある企業の方がおっしゃっていたのが「選んだ道を正解にする」ということです。

過去の選択を正解にするためには、今自分に何ができるか考え、努力することが重要です。

過去の選択は変えることができません。ただ、その結果は今のあなたの行動次第で変化させることができます。

ぜひ、過去の自分が考えて下した決断を無駄にしないために、選んだ道を正解にするための行動をしてください。

また、今目の前にある選択であなたが迷っているとしたら、きっとどれを選んでも未来のあなたがその道を正解に変えてくれるはずです。

たとえ、失敗したとしてもそれを糧にできるそんな強い人間が結果的に成功しますし、何よりかっこいいと思います。