【要注意】英語が上達しない人、英語が苦手な人の特徴4選

たくさん勉強しているのに英語が全然上達しない…」、「喋れるようにならない」、「英語が全然聞き取れない」、「理解スピードが追いつかない」などの悩みを抱えている英語学習者も多いと思います。

以前の私も勉強量に対して、英語が伸びず、「自分は英語が苦手なんだ…勉強しても仕方がないのかもしれない…」と思い込んでいました。

でも、英語が上達しない理由を考えて克服していった結果、今では英語に自信を持てるようになってきました。

今回は、過去の自分と重ねながら、英語が上達しない人、苦手な人の特徴についてご紹介しようと思います

自分の発音が正しいと思っている

基本的に日本人はカタカナ発音が身につきすぎていて、そのカタカナ発音でネイティブの英語を理解しようとしてしまいます

音声が流れた時に聞き取ることができなかったけど、スクリプトを見ると、「あ〜、こういうことを言っていたのね」と気づくことが多いです。

かつての私も自分のカタカナ発音に当てはめながら英語を捉えていたので、「ネイティブの発音が間違っている」とか「このスピーカーは癖があるんだ」というように自分の発音が間違っていることを認められずにいました。

これでは、ネイティブの発音を聞き取ることができませんし、スムーズに英語を発音することもできません

上達しないのも当たり前です。

一人で黙々と勉強している

義務教育で英語を勉強するため、「英語は勉強するもの」と考えてしまいがちですが、英語はコミュニケーション手段の一つです。

しかし、今まで勉強してきた人にとっては、リスニングやリーディングの時に内容が理解できないと、単語や文法の知識不足と思ってしまいがちです。

そのようにこれまでの英語学習を繰り返していたら、英語が喋れるようになったり、英語をしっかり聞き取れるようになることができたとしても莫大な時間と教材費がかかってしまいます。

一人で黙々と勉強するのはとても非効率です。

今までとは違ったやり方で英語が楽しみ、今まで頭の中に入れた知識をアウトプットしていくことがとても重要です

たまにしか英語に触れない

日本語を話せるようになるまではどのような過程を辿ってきたでしょうか。

赤ちゃんの時から親の日本語を聴きながら毎日少しずつ理解し、少しずつ話せるようになったと思います。

一瞬で英語が上達するような方法はありません。毎日英語に触れることが1日でも早く英語をマスターできるようになる近道です。

勉強しようと思った時だけ勉強するのではなく、英語を喋る機会や英語を聞く時間を毎日作っていきましょう

しっかり内容を理解しようとしている、日本語で理解しようとしている

リスニングをしたり、長文を読んだりする時に、日本人はどうしても日本語で訳を確認して100%理解しようとしてしまいます

しかし、それではネイティブのスピードに理解が追いつくのは難しいですし、英語独特の表現やニュアンスを汲み取ることもできません

日本語にはあるけど英語にはない表現、例えば「よろしくお願いします」や「お疲れ様です」などがあるように、英語にはあって日本語にはない表現も多数存在します。

英語を100%聞き取って、日本語で内容を100%理解する必要はありません。

ストレスの置かれた単語を聞き取り、なんとなくこんな感じかなというように英語で理解していくことをオススメします