オシャレ上級者の視点!アパレル店員になって変わったファッションの考え方

今回は、元アパレル店員がファッションに対する視点について語ります。この視点を持てればあなたもオシャレ上級者!

ひとことで結論を言うと…着たい服を着てほしいということです!ちょっとよくわからないかもしれないので、これから詳しくご紹介していきます。

本当のおしゃれとは?

本当のおしゃれとは、ズバリ!自分の着たい服を着る!そして、着たい服を着てもらうということです。

私はファッションに興味を持った時は、これがおしゃれである。あの人はおしゃれじゃないと決めつけていたのですが、今ではその考えが子供っぽく、その考えこそダサいと思っています。ファッションに興味があって、自分に自信がある方の中にも「おしゃれはこういうものである」という固定概念を持っていませんか?

私は、それではまだまだおしゃれに興味がある人なだけで、もっと上の世界があると思っています。自分のおしゃれに納得できてまわりの人のファッションセンスも認めてあげられる。そして、まわりの人がおしゃれになりたいと思ったら、その人に手を差し伸べてあげられるそんな人に一緒になりませんか?

お客様を見て気づいたこと

私の働いていたアパレルショップはハワイアン系のtシャツを売っており、流行りの服はあまり売っていないお店でした。

そのせいもあって、当時の私が思っているおしゃれとは程遠い服を着ているお客様ばかり来るのです。その人たちに心から自分が買ってほしい服を売りたい!そう思って自分がかっこいいと思う服ばかりをオススメしていました。

そんな時店長に言われました。

お客様の服をよく見ること。似たような服を欲しがると思うよ。

その時に気づいたんです。自分の売りたい服ではなくお客様が求める服を売ろうと。お客様のファッションを理解していなかったことに嫌悪感を覚えました。

本当にファッションが好きなら、相手がなぜその服を選んだのか理解しようと努力して新たな視点を取り入れる。それがおしゃれ上級者の持つべき視点だと思います。

まとめ

あなたがおしゃれ上級者なら、どんなファッションにも関心を持つ。そんな心の優しい人になっているはずです。私もまだまだですが、そんな視点を持つたいものですね。